「賀茂削り」を商品化したい クラウドファンディング初挑戦記~3~

<クラウドファンディングはじめて、わかったこと。day 7>

皆様の温かさ・ありがたみを、噛み締めております!! おかげさまで、目標を達成し、今なおこの瞬間も、ご支援を頂戴しています。改めて心より御礼申し上げます。

ご支援いただく輪が広がり、より多くの方に極薄削りのかつお節が、風味佳良、秀逸であることを知っていただきたい!!その一心です。是非ご支援の程を、何卒お願い致します。

暫くリアルにお目にかかっていない、先輩・仲間・後輩の皆さん、通販サイトのお客様・実店舗のお得意様など、わたしどもに関わっていただいている、皆様から広く厚くご支援いただき、本当にありがたい限りです。私どものことを、こんなにご支援いただけるなんて、その真心にふれるたびに、胸が熱くなる櫻井です。

感慨に浸っているだけでなく、計画の実行を進める為、ただいまリターン品準備の前段階を取りかかっています。極薄かつお節「賀茂削り」慣熟のためサンプル品(縮小版)を試作し、取引業者さんはじめ、テイクアウトご来店の皆様にお渡ししています。

「賀茂(かも)削りって、ネーミングがカッコ良い!!」、
「かつお節の概念を変えた」&
「かつお節の王者」など、
嬉しい声をいただき、なお一層よりよい良い商品にしようと、決意を新たにしています。

話戻って、ここで表題の、
<クラウドファンディングはじめて、わかったこと。day 7>は、目標設定の難しさです。

本来、新規事業のキックオフであれば、計画に基づいたプロジェクト予算を打ち立て、熱く語り出資者を募るのがクラウドファンディングの醍醐味かと思います。(偉そうな書き方でスミマセン)

しかし今回私どもは、現実路線で臨みました。数字ありきの高い理想を掲げても、共感いただくのは難しいだろう、私どもの身の丈、身の程をわきまえたうえで、実現可能な数字を掲げるのが妥当と、判断しました。

その理由は、「ロジックでは人は動かない。やっぱり真心を伝える事!それが大事!!」と尊敬する先輩に何度となく諭された言葉を、思い出しました。

この「賀茂(かも)削り」が、おうちごはんを充実してくれること、櫻井がお約束します。もちろんかつお節をつかった、おだしのレシピもご紹介します。
懇切丁寧に説明し、その美味しさの表現を重ねられるよう、改めて決意する次第です。ご支援継続の程、重ねてお願い申し上げます。

※ご支援頂戴している方の銘々に、お礼を申し上げるのが本来ですが、前述のように登録名と実名が異なる場合、特定が難しく、お礼が充分でないこと、何卒お許しお願いします。

また、幾度となく私どもの挑戦をお知らせすること、どうぞご寛容お願いします。 長々とおそれ入ります。お読みいただきありがとうございました。 櫻井 登之

○各種SNSのご案内

      

更新中です。フォローお願いします。

Related Posts