「さくらいのおだし」で、だしシャブをどうぞ

「おだしぱっく」増産中の、店主櫻井でございます。



「澤の水こおりつめる」の大寒の候、こんな夜はやっぱりお鍋ですよね。

おだしにこだわるのが、櫻井流。

ほんとうに美味しいおだしを飲むと、ホッとします。

たっぷりの利尻昆布と、店主が削ったかつお節「賀茂削り」の入った「おだしぱっく」を水に浮かべたら、弱火で30分ほど煮やすだけ。



ダイニングにかつお出汁の良い香りが充満します。

少し塩をいれて味を調えたら、準備完了。

今夜はふるさと納税返礼品の、「近江牛のだしシャブ」

「食べるポン酢」と「ゆずとうがらし」でどうぞ。



だしは沸騰前の火加減を保つのが、最後まで美味しく召し上がる「こつ」①です。

沸騰しただしで、しゃぶしゃぶすると、せっかくのお肉が堅くなるようです。


また最初は是非、お肉だけで「しゃぶしゃぶ」してみてください。


最初からお野菜を入れると、どうしても水分がでておだしが薄くなってしまうので、ぜひお肉ファーストでお願いします。これ「こつ」②です。

 


普段はベジタブルfirstを心がけているんですが、しゃぶしゃぶとなると心躍ります。

是非どうぞ♫

お鍋に最強・「食べるポン酢」と「ゆずとうがらし」のセットは、こちらからどうぞ
https://kyononitakimon.com/collections/all/products/taberu-ponzu?variant=37879160570040