ほんまぐろの有馬煮、食レポしてみた。

ご覧頂きありがとうございます。「京の煮焚きもん」店主さくらいです。

自ら作った「ほんまぐろ有馬煮」を、自ら購買して、自らを写真撮りました。

いわゆる「食レポ」です(笑

 

では始まり始まり・・・

 

まず、パッケージの開け方、封の切り方、袋から出し方など、チェックしつつ、お客さまになった気分で開封しました。

まず第一のアドバイスですが、袋に開け口の「切り込み」はありますが、ハサミの方が開けやすいと思います(笑)

次に・・・袋の中に、少し多めに「だし」が入っていますので、深めのお鉢のほうが取り出しやすいかと思いました。

(器が浅かったです)

さてお箸を持って、実食!!

一口頬張り、まぐろ噛むと、ホロホロとまぐろの繊維が、口の中でほどけます。

柔らかくて、やさしい食感です。

噛むほどにタレがジュワッと口の中に広がります。

味は・・・「本まぐろ」の旨味を、しょうゆと黒砂糖が引き立てます。

甘辛いながらも上品な具合で、本まぐろの香りを感じることができます。

焚きもんですが、くどくなく、あっさり食べられます。

パック詰めの煮魚って、脂がギトギトして、しつこい(脂っこい)先入観がありがちですが、脂っこくはなく、ベタベタせず爽やかなあとくちです。

実山椒はよく効いていますが、味わいは丸く、香辛料がちょっと苦手というかたでも、抵抗はなく御賞味いただけると思います。

ほかほかご飯と白米泥棒

熱いご飯をよそい、うえをならして、この有馬煮をのせれば、だしの濃い味が相まって美味しい。まさに「めしどろぼう」

さらに袋に残った「だし」も白米に少しかけて、蓋を1~2分して頂くと、ご飯と有馬煮がよく馴染みます。

 おかわりして、食べる過ぎる予感がしたのですが、・・・結果 止まりません・・・1袋全部食べました(笑)

だしまですする勢いで(@@;) 全部食べました(汗)

うなぎ丼のタレがかかったご飯が好きな方は、タレだけで、ご飯がすすみます・・・

 

たべすぎ!!(笑

 

とあるお客様から頂いた、「めしどろぼう」 この言葉の意味が、よくわかった気がします。いくらでもいけます。

 

・・・・・

ここまで、極めて個人的感想を書きながら、自分の作った商品を、「美味しい」とか、「秀逸」とか、形容することは、気が進みません。

美味しい物だけ作りたい!・・・のこの信念のもと作っていますが、「美味しい」と感じられるのは、あくまでお客様です。

だから、美味しいとは書いていないつもりです。

でも書いていたら、もう一度食べたくなって、お腹空いてきましたw

 そんな、「ほんまぐろ有馬煮」のご紹介でした。

キチンと食べすぎたので、美味しさは証明されていると思います(櫻井調べ) 

「美味しさの共有」は、食べて頂くことが近道です。

そんなわけで、長くなりました。お読みいただきありがとうございました。

                     店主謹白

 

○各種SNSのご案内

      

更新中です

 

Related Posts