かつお節「賀茂削り」を、白味噌お雑煮にぜひ

京都のお正月は、白味噌のお雑煮で始まります。

昆布だしに白味噌をといで、丸小餅と細めの大根・頭芋を具とします。

 

みなさまも「毎年同じように…」というのが、特に縁起を担ぐお正月準備ではないでしょうか?


白味噌については、どこのお店・どんな塩分量とか、皆様とてもこだわってられます。昔ながらの製法を守り地元に根差したお味噌やさんが市中にあるのも京都の特色ではないでしょうか。

味のほうは、昆布だしにといだ少し甘めの白味噌のおつゆに、お餅と大根お芋のだけです。

動物性の食べ物は入らないの??と、思われるかもわかりません。

そうなんです、ここで最後に鰹節をのせます。ここで初めて魚っ気が加わります。

白味噌とお餅と、鰹節。これがなくては年が明けた気分になりません。

しかし、鰹節にこだわられるご家庭は少ないように思います。

私が削るかつお節「賀茂削り」。白味噌のお雑煮にぴったりはまります。

ありがたいことに、すでに店頭ではご予約も頂いています。

 



食べ方のご提案をする前に、すでにご依頼頂いているって、すごいことです。

嬉しいことで、ありがとうございます!!

是非お正月には、かつお節「賀茂削り」お使いくださいませ。

https://kyononitakimon.com/collections/all/products/kamokezuri