「おだし茶漬け」考

弊店をご贔屓にしていただいているお客さまからのひと言。

「だし茶漬けセット」を考えたらどうですか?

この言葉をずっと自らの中で問いかけていた、店主櫻井です。

 

ただ、ご家庭で「おだし」を煮出すのは、ひと手間もふた手間もかかります。

なんとか簡単な方法が見つからないかと、ビーカーで試行も致しました。

 

 

お茶漬け用には、美味しい出汁が出たのですが、ところがこれでもやっぱり手間がかかります。

しかし、化学調味料などの力で、うまみを付加することは、私どものポリシーに背きます。

お湯をかけるだけの市販のお茶漬けのモトのように、もっと手軽に楽しめないか...??自問自答していました。

 

それなら

思い切って!!

 

と、こんな仮説にたどりつきました。

【超極薄に削った かつお節「賀茂削り」を直接お茶漬けに入れたら、「おだし茶漬け」になるのではないか...?】

 


細く切った利尻昆布も、一緒にいれたらどうかと...

すぐに「うまみ」がお湯に抽出されることは、いままで何度も実証済みです。


ならば試してみようと、今日実食しました。

このブログに書くということは...成功したんです!!

ご提案に至るまでは、まだまだ必要な事はたくさんあるのですが...

「考えるより動け!!」を実行した結果、うつわの中でおだしが出ました!!

 

これは、超極薄のかつお節「賀茂削り」と千切りにした利尻昆布のおかげです。

このやり方は、イチ推しです。

 

 

はな山椒のはいった、私どもオリジナル”ちりめん山椒”「花ちりめん」をトッピングして、お湯やお茶をご飯に注ぐだけなら、どうしても味が薄まります。

かといって、反対に湯を注いだ際に、適度な塩分になるよう味付けすると、「花ちりめん」単体で食べるには塩辛くなります。

「おだし」の旨みがプラスされることにより、塩分量はそのまま。

塩分を補うことなく、旨みが増幅しました。

減塩食の考え方と同じです。

今日は、「花ちりめん」

「ほんまぐろ有馬煮」

「はも茶漬け」で「おだし茶漬け」を試しました。

 

 


ホントは秘密にしたいくらいの、「おだし茶漬け」の超絶簡単レシピ。

是非、かつお節「賀茂削り」と私どもの「京の煮焚きもん」各種でお試しくださいませ。

 

何かお尋ねございましたら、店主直通のLINEまでお問い合わせください。100%返事します。

 

>>LINE問い合わせはコチラ

 本当にありがとうございます!!