写真更新しました

いつもご覧頂きありがとうございます。

 

京の煮焚きもん店主 櫻井です。

 

タイトルの通り、写真の入れ替えをはかっております。

 

                 花山椒の香り高い「花ちりめん」

 

かつてはプロのカメラマンに、撮っていただきましたが、いまは写真・映像は、すべて自分で撮影しています。

 

カメラは、普通にiphoneです。(動画は、GOPROも使います)

 

昔は一眼レフを三脚に立てて、照明ボックスを使って撮っていましたが、今ではコンパクトカメラすら使わなくなりました。iphoneスゴイです!!!

 

そして、補正もほとんどしません。

 

その代わりというわけではありませんが、アングルと光は考え込みます。フラッシュはもちろん使いません。

 

撮影の設定をいじる・・・というより、いろいろな角度からいっぱい撮ります。

 

重要な事は、いっぱい撮った中に、「ちゃんと使える写真があること」だと思います。チェックは大きな画面ですることが大切です。(当たり前です)

 

大きな画面で確認すると、ピントが合っているかも確認できます。

 

そして最後に、不要な写真を消去することも必須です。

 

                 「はも茶漬け」のパッケージです

 

・・・・・

 

 

料理屋というのは非日常を味わっていただくものだと、私どもは目指しています。

 

 

自分でハードルを上げる事は、気の張ることですが、・・・・いかにキレイに!美味しそうに!! 撮るか。

 

加えて、種明かしをすると「少しよそ行きの風情」で撮るよう、心がけています。

 

もちろん被写体(料理)は良くて当たり前です。(これ一番重要です)

 

 

・・・・・

 

ありがたいことに、今では各種SNSにお客様が写真を上げてくださいます。

 

お求め頂き、盛り付けて写真まで撮っていただき、そのうえ拡散していただける 感謝の限りです。

 

先日から、「はも茶漬け」の写真に、お客様ご提供のものをよく使わせて頂いていました。

 

 

                         nrht151様ご提供

 

重ねて本当にありがたいことで御礼申し上げます。

スゴく立体感ある写真で、限界まで被写体に迫っていただき、見ているだけで垂涎ものです(笑

 

三たび下の動画でお許しください

 

 

上の動画「はも茶漬けの召し上がり方」と、スティル写真も器を統一する必要があり、自ら撮りました

 

「一分ばかり蓋をする必要がある」と魯山人先生の文章もありますので、波千鳥の蓋物を用いました。

とても薄く華奢で、金彩が施された波千鳥と刷毛目が印象的な焼き物です。

 

 

お茶を注ぎ、湯気が立っている湯気まで撮影したつもりです。

 

本当に奥深いことで、まだまだですのでお恥ずかしいことです。

 

お読みいただいている皆様に、少しでも美味しさが伝われば幸いです。

 

ありがとうございました。  店主謹白

 

 

 

 

 

 

Related Posts