北大路魯山人先生と上賀茂

お越し頂きありがとうございます。

京の煮焚きもん店主 櫻井です。

 

上賀茂が輩出した偉人のひとりに、芸術家であり美食家の 北大路魯山人先生がいます。

 

今では大田神社さんの南側に生誕の地と、碑と銘板が建っています。

 

 

(弊店から歩いて5分ほど、今朝写真を撮ってきました。)

 

同じ上賀茂生まれの者として、誇らしく思うのですが、残念ながら私どもとは直接関係ありません。

 

 

しかし先生が幼少期過ごした上賀茂の風景のなかで、直接ご覧になった大田の澤のカキツバタ 神宮寺山のヤマツツジ

この花々の原風景はありがたいことに、私どもも現在見ることはできます。

 

 

(器は乾山写し 燕子花透かし鉢 11世和田花光窯作)

 

魯山人は、自らの美意識の根底には、このヤマツツジの鮮やかな赤があると後年言っていたそうです。

 

6歳に養子に出されたため、幼くして上賀茂を離れてしまうのですが、そんな時ことを、はっきり憶えていて、なおかつその美しさが本人の美意識を養ったと聞きますので、ひとこと 天才です。

比べるわけではありませんが、私が6歳のときに、「ドラえもん」のTV放送開始だそうです。私はTVにかじりついていたと思います。隔世の感があります。

 

つぎは、「日本料理は茶漬けにはじまる」といった魯山人先生のくだりを書きたいと思います。

 

お読みいただきありがとうございました。  店主謹白

 

Related Posts