玉子とじは目玉焼き!?

いつもご覧頂きありがとうございます。

京の煮焚きもんさくらい店主の櫻井です。

 

玉子丼は目玉焼き?!・・・これはまかないではもの玉子丼を作ったときの話です。

 

内輪の話で恐縮です。

 

まず、めんつゆ程度の出汁に、はもの尾っぽとミョウガ・タマネギをいれ、はもに味を含ませます。

 

そこに全卵を投入。

 

 

とき玉子ではありません。

 

くどいようですが混ぜずに全卵を入れます。

 

修業時代、まかない作り(同時はばんざい係といってました)の際に、具がぐつぐつと煮える鍋に、全卵を溶かずにいれる先輩に、「目玉焼き」作るんですか?! とすこしビックリした意味も込めて聞いたところ、アホか!! と怒られた記憶あります。ハイ当たり前です。

 

当時は怒られたと思っていた事でも、今となっては教えて頂いたありがたいことになります。こちらも当たり前です。

 

そして、こちらにこうして当時のことを今ここで書けるのも、幸せだと思います。本当にありがたいことです。

 

話を元に戻すと、白身は早く凝固するので、黄身は崩さず、白身が固まってから黄身に火を入れる ざっとこんな手筈です。

 

 

個人的な好みですが、新鮮な卵を使うと、半熟程度で食べるのが好きです。

 

子供の頃は固ゆでしか食べられなかったのに、歳を経ると好みが変わるものです。

 

いろいろ話が飛ぶんですが、短文にまとめました。

 

おうちでお丼を作られるときに、参考になさって頂ければ幸いです。

お読みいただき、ありがとうございました。 店主謹白

 

 

 

 

Related Posts