山椒について

いつもご覧頂きありがとうございます。
京の煮焚きもんさくらい店主の櫻井です。

 

今回は、京の煮焚きもんに無くてはならない素材「山椒」のご紹介です。

京都市右京区、嵯峨・嵐山の奥座敷、水尾の里で農家さんが丹精込めて作られています。そちらの息子様と長いご縁でして、直接おわけ頂いています。


「山椒」には、「はな山椒」と「実山椒」があります。山椒の若葉は特に「木の芽」とよびましてよく使われますが、ここでは書きません。


まずは「はな山椒」について

4月中旬、桜が散るころ。山椒の花が咲き始めます。


黄色く可憐、山椒の花の旬はわずか10日。花も食べることができる山椒です。山椒にはオス株とメス株があり、花山椒として花を収穫するのはオスの木からです。ちなみに、実ができるのはメス株だけです。


山椒の花は一般に出回らない、珍しい食材です。当店「京の煮焚きもん さくらい」では、生産者さんから「はな山椒」を直接わけいただき「花ちりめん」を作っています。



そして、もう一つは、「ほんまぐろ有馬煮」こちらには
実山椒を用いています。(日本料理の世界では、実山椒を使った料理に、実山椒の名産地・兵庫県有馬の名前を使うことがあります。)


当店の実山椒は、はな山椒とおなじく水尾で栽培されたものです。

「ほんまぐろ有馬煮」にはたっぷりの実山椒を加えていますが、スパイシーな刺激は控えめ。水尾の実山椒は辛みがとがっていないため、食べ進める際のよいアクセントになっています。

後から香る実山椒が何とも心地よい、と評していただいています。


ともに、酒の肴(さかな)にぴったり、おうちごはんの幅がひろがる商品です。

もちろん、ごはんのお供にもぴったり!!

 

「家でお酒を飲む」機会が増えた方へ。

100年の老舗「京料理さくらい」から京料理の肴をお届けします。

日本酒の香りを邪魔しない保存料なし。素材を活かした技法にこだわる。

ひとつずつ店主の手作り。「保存料なし」「化学調味料不使用」はもちろん、素材にこだわり、素材を活かす技法で仕上げた京料理です。どうぞ晩酌のおともにお試しください。

>>1セット購入はコチラ

>>送料無料2セットはコチラ

 

ただいまクラウドファンディング初挑戦中です。 たくさんのご支援ありがとうございます。さらに多くの方にお召し上がり頂きたく、是非ともご支援お願いします。


○各種SNSのご案内

      

更新中です!

フォローお願いします。

Related Posts