news

  • かつお節「賀茂削り」と、蒸し鶏

    京都中央市場の食鳥専門店、「鳥米」さんにわけてもらった、高知の温厚な気候と豊かな自然が育んだ銘柄鶏「四万十鶏」を蒸し鶏にしました。京都では、鶏肉のことを「かしわ」とよびます。ですから...京風に言いましたら、かしわの胸肉を蒸したんが、この蒸し鶏です。お醤油を垂らすも良し、ポン酢でも、胡麻ダ...
  • かつお節「賀茂削り」で、わさび丼

    恥ずかしながら、店主・櫻井「わさび丼」を初めて食べました。こんなにわさびをすっても一緒に食べても、辛くないんです。相乗効果とはまさにこのこと、「賀茂削り」がわさびの甘さを引き立てます。今回も「賀茂削り」を、盛り盛りに致しました。それに従い、わさびも摺っては増量...の繰り返し。ご飯はほんの少...
  • かつお節「賀茂削り」と、焼き椎茸

    かわいい椎茸を、オーブンでさっと焼きました。かつお節「賀茂削り」を、椎茸に付けながら召し上がれます。軸もコリコリと、とっても美味しいんです。お箸が止まらなくなってしまいます。かつお節「賀茂削り」は、0.05㎜程度と超極薄に削っているので、旨みがすぐに出やすく、主役の味を一層もり立ててくれ...
  • かつお節「賀茂削り」と、だし巻き卵の関係

    文字通り、「おだし」を入れ卵焼きを巻くので、「だし巻き卵」、こちらに、かつお節「賀茂削り」をトッピングしてみました。もちろん「おだし」にも「賀茂削り」がたくさん入っていますので、かつお節ダブルです。旨みがとっても強いので、こうするとお醤油をかける必要がありません。もともとお醤油なしでそのま...
  • かつお節「賀茂削り」と、さっぱり豚巻き

    かつお節「賀茂削り」は、超極薄フワフワに削ってあるので、旨みを速攻プラス!! 本枯れ節は、製造過程で何度も燻煙され、カビ付けによる発酵と、日干しのよる乾燥を繰り返し生まれる、イノシン酸の宝庫です。 今宵は野菜たっぷり、さっぱりとした豚巻きと共に。 かつお節「賀茂削り」は、食...
  • かつお節「賀茂削り」と、大根おろし

      あっさり かつ 旨みたっぷり。かつお節「賀茂削り」は、0.05mmと、超極薄に削ってあるので、相手の大根おろしにすぐになじみます。うま味がたっぷりと、大根おろしに添えられます。食べた方だけがわかる、かつお節「賀茂削り」の魅力を、今宵はシンプルに味わってください。   https://ky...
  • かつお節「賀茂削り」と、おあげ納豆

    かつお節「賀茂削り」のリピーター様に教えて頂いた、おあげ納豆。作ってみました♪少し大ぶりのおあげさんにはさんだので、ちょっと一体感少なめ写真になりました。ところが、…「賀茂削り」は、0.05㎜程度と超極薄に削ってあるので、すぐにまとめてくれます。フワッフワッ、カリカリとネバネバの、食感比べも...
  • かつお節「賀茂削り」と、野菜炒め

    かつお節「賀茂削り」を、今宵は簡単、シャシシャキ野菜炒めと。これなら、お肉なしの野菜だけで、満足得られるかも〜少しぽん酢をかけて、召し上がれ🎵ぁあ、おなかすきました(^^ゞおおきにー!!
  • かつお節「賀茂削り」で、柿の白和えを

    白和えとは、お豆腐を裏ごしてすり鉢で当たりながら、調味料を入れてあえ衣をつくり、それで野菜を和える...という、和え物の王道。このあえ衣つくりを、ハンディブレンダー1つでやってのけました。擂り潰した胡麻や、お味噌を入れるのですが、隠し味に「賀茂削り」の粉かつおが、たくさんはいってます。和え...
  • かつお節「賀茂削り」で、水菜サラダ♫

    かつお節「賀茂削り」の魅力を伝えるこのシリーズ、28作目となりました。 いつもご覧頂き、おおきにありがとうございます。 今回はよく洗った生の水菜を、かつお節「賀茂削り」で和えます。準備も調理もシンプル。に対して、フワフワとシャキシャキが心地よく、かつ味わい深く、本枯れ節って本...
  • かつお節「賀茂削り」で、お茶漬けさらさら

    秋の夜長、ちょっとお腹がすきましたんで、かつお節「賀茂削り」でお茶漬けを。賀茂削りだからできる、お茶漬け。本枯れ節のうまみが存分に味わえます。そのわけは...手土産にもらわれたお客さまから、電話にてご注文頂きました。普通のかつお節だとおもっていたら、まさに「とろける味わい!!」かつお節を...
  • かつお節「賀茂削り」って、どのくらい薄いの?

    ずばり、0.05㎜程度です。「程度」って書いてあるのは、削られた削り節を、1枚ずつ測っていないから...当たり前です(^^ゞ しかし、細かな破砕片や、粉鰹は「賀茂削り」とは呼べませんので、事前にふるいのかけて選別し、フワフワの賀茂削りを袋詰めするように、常々心がけています。…さて、このかつ...